|カテゴリ コラムへ行く

-->
 まず、IP電話とは何なのか?

  〜IP電話とは〜
   インターネットを活用した電話サービスのこと。
   NTT等電話会社の一般加入電話網を経由しないので、
   固定電話等よりも通話料金を安くすることができる。

 という感じである。

 (厳密には違うが)Skypeも同じ部類に入るだろう。

 今後を推測するためにはメリット・デメリットを知る必要がある。


 IP電話のメリットは・・・

  最大のメリットは、やはりその料金の安さだろう。

  携帯・固定電話にかける場合ももちろん安く、
  海外へかける場合も安く済ませることができる。

  さらに、導入する際には一般電話機の使い方も変わらず、
  新たに番号ももらえるので、現在一般加入回線を
  引いていなくともIP電話を固定電話として使うことができる。


 IP電話のデメリットは・・・

  最大のデメリットは緊急電話番号(110,119番等)には電話を
  かけることができないことだ。

  しかし、一般加入電話と共用している場合か、携帯電話を
  一緒に使っている場合にはそれほど心配する必要はないだろう。

  さらに、メリット部分で料金が安いと書いたが、
  実は携帯電話にかける場合はそれほど安くはならない。
  しかし、一般加入電話よりは安くすることができる。

  他、プロバイダを変えたり引越しした場合には、
  新たに手続きをしなければならなかったり、一度解約しなければ
  ならなかったりしますので、少し不便かもしれません。


 さて、ここまでメリット・デメリットを述べた上で
 今後の推測をしていきましょう。


 私の意見としては、今後もIP電話は広まっていくと思います。
 デメリット部分さえ解決できれば、あとは進展あるのみです。

 緊急電話番号にかけれない問題は、今後広まっていくにつれ
 解消されるでしょう。

 引越し等での手続きは、携帯電話で始まっているサービス
 「番号ポータビリティ」がIP電話でも進んでいくでしょう。

  〜番号ポータビリティとは〜
   携帯電話で始まっているサービス。
   携帯電話の加入者が別の事業者に契約を切り替えても、
   元の番号がそのまま使えるシステムのこと。

 最近では、IP携帯電話というものがでてきた。

  〜IP携帯電話とは〜
   IP電話の基本的な機能を組み込んでコードレスにした
   「持ち歩きできるIP電話」のこと。第3世代携帯電話として、
   通信機器メーカーが競って開発を進めている注目の新商品
   アイピートーク社、エニーユーザーグローバル社が販売中。

 はい、私の推測はここまでにしましょう。

 次回に続きますが、さらに詳しく知りたい人は・・・


  図解入門 よくわかる最新IP電話の基本と仕組み
   http://pcmuryou-blog.up.seesaa.net/link/ip1.html

  IP電話でわかる最新ネットワーク技術
   http://pcmuryou-blog.up.seesaa.net/link/ip2.html


 感想・意見お待ちしております!

  http://pcmuryou-blog.up.seesaa.net/link/message.html
スポンサードリンク
posted by take at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s01b.gif
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。